• ホーム
  • トレチノインとハイドロキノンの相性はどのくらいいいのか?

トレチノインとハイドロキノンの相性はどのくらいいいのか?

髪に悩んでいる女性

美容皮膚科や美容外科といった、美容系のクリニックでは治療の外用薬を処方するケースも少なくありません。
様々な外用薬が治療に使われますが、「トレチノイン」と「ハイドロキノン」は、シミや色素沈着の治療として、ポピュラーに処方される外用薬です。
セットで処方される事の多い、この2つの外用薬ですが、なぜ一緒に使われるのでしょう。
実はトレチノインとハイドロキノンは、組み合わせる事でより美白効果が高まると言われているのです。
肌細胞の分裂を活性化させ肌のターンオーバーを高める効果が、トレチノインにはあります。
シミや色素沈着は肌細胞に、メラニン色素が沈着して起こります。
肌の1番奥にある基底層という部分の細胞に、メラニン色素が沈着してしまうと、なかなか消える事がありません。
トレチノインは優れた浸透性があり、基底層にまで入り込んで作用します。
新しく肌細胞を作り出して、メラニン色素が沈着した細胞を、どんどん肌の表面へと押し上げるのです。
そして最終的に、メラニン色素が沈着した古い細胞は、垢として自然と剥がれ落ちる為、シミや色素沈着の改善に繋がります。
ハイドロキノンはというと、還元作用がある為、メラニン色素自体を薄くする作用を持っている成分です。
また、メラニン色素を作り出すチロジナーゼという酵素の働きを抑制する作用の他に、メラニン色素を生成するメラノサイトという色素細胞そのものに働きかけ、減少させる効果が期待できます。
このように、トレチノインは今あるシミや色素沈着の元である、メラニン色素を素早く外へと排出する効果が、そしてハイドロキノンはシミや色素沈着自体を薄くする効果といった違いがあります。
トレチノイン・ハイドロキノンを合わせる事で、より美白効果が高まるのは、このような違いがあるからなのです。

関連記事