鏡を見ている女性

トレチノインは正確にはオールトランスレチノイン酸と呼ばれ海外では外用薬として皮膚疾患に使用されています。
しかし、日本国内では認可されていないため一部のクリニックでしか処方されず、現在では改良を加えた刺激の弱いナノカプセルに入れたトレチノインなどを処方するクリニックも増えてきています。
また、もう1つ使用する方法としては個人輸入という海外から取り寄せる方法もありますが、この場合は使用上の注意事項や副作用についてもしっかり把握する必要があります。
では、このトレチノインでどのような効果があるかというと、美容医療としてはシミ(肝斑、老人性色素斑、雀卵斑、色素沈着)など、また、ニキビの治療、シワの治療、ケロイドの治療に効果があります。
日本ではシミ漂白剤として個人輸入をして使用している方も多く、その効果も一般的な美白基礎化粧品とは比べ物にならないと評判ですが海外ではニキビ治療薬としてポピュラーです。
原理はというと、トレチノイン(ビタミンA誘導体)は皮膚に塗ることで皮膚の基底層に浸透します。そこで表皮角化細胞を増殖させ、角質剥離作用も同時に起こり、基底層の細胞にはヒアルロン酸が沈着しはじめ、皮脂機能も抑えていきます。
簡単に言うと、細胞が増殖して表面の細胞がはがれ(ターンオーバーを強制的に行う)、ヒアルロン酸などがハリを作り、皮脂を抑えるようになるということで、ニキビの場合は過剰な皮脂分泌と毛穴の詰まりが原因のことが多く角栓が取れて皮膚表面の毛穴が縮まり、皮脂が抑えられることで症状が緩和され、シミの場合はターンオーバーによってメラニン色素が繰り返し剥がれ落ちシミが消えるというわけです。
このような作用のため、ケロイドやニキビ跡、肌の凹凸も解消されます。

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

最近の投稿
    アーカイブ